2018/5/29

全学科

カナダ長期留学 近況報告NO.1

スンダイでは海外留学制度があり、1ヶ月の短期留学と8ヶ月の長期留学の中から、各自で期間を選択できます。

スンダイと提携している大学は、治安が良いカナダのブリティッシュ・コロンビア州にある『ビクトリア大学附属語学学校』です。

カナダの英語は“なまり”が少なく、北米のアナウンサーの標準語にもなっている程、発音がきれいな英語が使われています。英語が母国語でない日本人にとって、正しいイントネーションの英語を習得するに最適な環境です!

今年はエアライン学科の小田武蔵さん(細田学園高校<埼玉県>出身)が長期留学に挑戦中!

現地から届いたレポートをご紹介します♪

エアライン学科2年 小田武蔵さん(細田学園高校<埼玉県>出身)

カナダは想像通り色々な人種がいます。ダウンタウンを歩けば、様々な国籍の外国人に出会えます。

さすが移民によって創られた多民族国家とカナダと実感します。

また、大学のあるビクトリアはとにかく大自然です。朝晴れている時は、皆、屋内にじっとしないで、雄大な自然公園へ足を運びます。実際、日本にいる時、私は携帯電話に触れる時間が多かったのですが、カナダに来てからは自然に触れる時間が多く、とても気持ちが良いと改めて知りました。

もちろん、英語学習も頑張っています。日常生活が英語三昧の為、例えば近くにある英語の看板の意味を調べたり、毎日体で英語を覚えていく感覚がとても楽しいです。

カナダ長期留学 近況報告NO.1
通っているビクトリア大学。公園のような広さ!
カナダ長期留学 近況報告NO.1
ホストファミリーと
ピザを作りました!

授業は最初に受講した時はあまり聞き取れなくて大変でしたが、最近は徐々に慣れ、なんとかついて行けそうです。常に授業をポイントで評価計算されるので、授業の1コマ1コマ気が抜けません。初心を忘れずに毎日、コツコツと頑張ります。

大学のクラスメイトには様々なバックグラウンドを持った人がいて、いろいろな体験談が聞けてそれも人生勉強になります。このチャンスに、英語だけでなくカナダの文化や他の国の留学生と交流する中で考え方や他国の文化もどんどん吸収して帰国したいと思います。

それだけに、いい刺激をもらえる仲間ができ、本当に来て良かったと思います。

同時に、他の留学生に負けられない!とやる気が出てました。引き続き頑張ります。