2016/10/31

エアライン学科

夏の実習報告会

夏の実習報告会

エアライン学科1年生の夏休みは、就職活動を前に、自らに課した課題を成し遂げるための貴重な時間となります。

それぞれが、自分に必要なカリキュラムに参加し、大きく成長して戻ってきます。

今年も、大変有意義な夏を過ごすことが出来、それぞれの経験を発表する報告会が行われました。

夏の実習報告会

夏期のカリキュラムは、主に下記のメニューからの選択となります。

① カナダ語学留学
② 羽田・成田空港実習
③ ボランティア活動
④ ホテル実習

まずは、活動開始前の夏休み直前に『1・2年の交流会』を行い、先輩方から昨年の経験に基づいた様々なアドバイスをいただきました。

夏の実習報告会 夏の実習報告会

語学研修はカナダのナイアガラの滝にほど近い、ナイアガラカレッジに短期留学し、カナダ人のご家庭にホームステイをしながら学校に通いました。

世界各国からの留学生との交流が大変刺激となり、交流を通じて英語という世界共通言語のもつ大きな力を改めて感じることが出来ました。

夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会

帰国するまでに何回も訪れました!ナイアガラの滝。

夜のライトアップがまた、幻想的で素敵なんです。

夏の実習報告会

空港実習は、国際線のターミナルの外資系航空会社での実習です。 英語を駆使してお客様のサービスに従事しました。

夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会

展望デッキで見た朝焼けの空は一生忘れません。

私たちの社会人としての夜明けはもうすぐそこに来ています。

夏の実習報告会

ボランティア活動に参加した学生は、障害を持つ方々と夏休みのキャンプに参加しました。

一緒に運動をしたり、山に登ったり、温泉に入ったり、寝食を共にしてお手伝いをさせていただきました。

参加した学生は皆口々に、今年、障がい者施設でおこった悲惨な事件に関して、深い悲しみを覚えたと話し、一人でも多くの方々が、一度はボランティア活動を体験し、障害を持つ方への理解を深めてほしいと話し合いました。

夏の実習報告会 夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会

リゾートホテル研修に行った学生は、北海道と軽井沢に分かれて、一流ホテルのサービスを学びました。

北海道へ赴く際の羽田空港で、エアドゥ・チェックインカウンターにおいて、たまたま偶然にも駿台卒業生を発見!

新旧エアライン学科生の記念撮影となりました。

夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会
夏の実習報告会

皆がそれぞれ、素晴らしい思い出と成果をお土産に帰ってまいりました。

社会人になって、このひと夏の経験が、必ずや役に立つに違いありません。

発表会の最後には、早期入社に旅立つ2年生の先輩たちの壮行会を行いました。

2年生からは・・・・

「最初は長いと思った。でもあっという間に過ぎた1年半!本当に楽しかったです。」
「1年生のみんなも、悔いのないように、ぜひ頑張って下さいね。」涙

夏の実習報告会
夏の実習報告会

10月入社、11月入社と、エアライン業界は早期就業が多く、後期に社会人になって 活躍される先輩もたくさんいます。

夏の実習報告会

2年生から1年生へ託された就活のバトンをしっかりと受け取って、さあ頑張りましょう!