2016/6/9

エアライン学科

愛すべき後輩のために

愛すべき後輩のために

エアライン学科の、担任、就職担当、クラスサポーター、英語主任は、1年生も2年生も同じメンバーで「チームエアライン』として連携し、強い絆を形成しています。

その影響からか在学中の学生たちも、1年生と2年生はお互い姉妹 or 兄弟として、先輩が後輩の面倒をよくみてくれています。

驚くのは、その関係は卒業して終わりではなく、卒業した後でも、脈々と絆が繋がり続けていることです。

特に、就職活動時期になると、後輩を心配して、先輩の仕事が休みの日にわざわざアドバイスや励ましに本校に駆けつけてくれて、担任としては、この絆が何に事にも勝る宝であり、誇りでもあります。

愛すべき後輩のために

就職活動は、ともすれば個人戦で孤独との戦いになりがちですが、スンダイは、先生、保護者、卒業生とご本人の4人5脚で大きな壁を乗り越えていきます。

愛すべき後輩のために
愛すべき後輩のために
愛すべき後輩のために
愛すべき後輩のために

先輩たちもかつて、同じように悩み、苦しみ、この道を辿ってきました。

だからこそ、後輩の気持ちが一番理解できるのです。

自信なんて、どうやったら湧いてくるんだろう。

自分に合う会社ってどこだろうか。

何をどう、就職試験・採用面接まで準備すればいいのだろう。

初めて体験する後輩たちは皆目見当がつかず、全てが不安だらけです。

愛すべき後輩のために

自分たちがかつて、先輩たちからしてもらったように、 妹や弟たちが苦しい時や、道に迷った時には、 母校に戻ってきて話を聞いてあげる姉や兄たちがいます。

それがスンダイの、チームエアライン、エアラインファミリーです。

そして、社会人になって就職してくる後輩たちを、 優しく受け止めてくれるのです。

巣立ったみんなは私の誇りです。

ありがとう。

担任記