2016/2/1

エアライン学科

座禅体験

座禅体験

エアライン学科では、日本人としての素養を身に付ける為に、卒業までの2年間で、色々な日本の伝統文化にふれる体験をします。

この日は、卒業を目前にした2年生の、最後の実習ということで、「座禅」体験を行いました。

座禅体験

「いかなる絶望の淵にも、希望はある」

これは、間もなく社会人となり、世間の荒波にも負けないで大海に漕ぎ出さねばならぬ学生たちへの、担任からのメッセージです。

どんな試練も、自分の肚で受け止め、無になって再び歩き出すことの出来る人間になってほしいと心から祈っています。

担任:藤田

座禅体験