トラベル学科/昼間部2年

トラベル学科

トラベル企業実習(デュアル)コース / トラベル授業集中コース

多様化する旅行のニーズに対応できるプロフェッショナルを育成します。

旅行業界では店頭販売だけでなく、インターネットによる販売など、様々なビジネススタイルが広がっています。多様化するニーズに対応できるスキルを身につけた、次世代業界人をめざします。

トラベルコース

トラベル学科は2つのコースから選択可能

企業実習(デュアル)コース

実習先企業の採用試験合格後、実習開始となります。実習期間が単位認定され、卒業時に専門士の称号を得られます。

授業集中コース

必修なのは1日2時限の授業と学校行事のみ。 平日残りの時間帯は自分の計画で自由に設定できます。

学びのポイント

平日集中授業と企業実習で実戦力アップ

授業は月~金の半日、あと半日は企業実習やアルバイトが可能です。

実習先からの報酬は学費や生活費としても活用できます。

自分たちで旅行を企画し運営する、国内・海外研修旅行

研修旅行のプランニングから始まり、自分たちで、まるごと企画・運営することで、実体験しながら学ぶことができます。

国家試験合格を 強力にバックアップ

就職活動の武器となる国家試験やその他の資格取得・検定合格に向けて、資格対策講座を開講するなど、指導体制も十分です。

取得目標資格

  • 旅行業務取扱管理者(国内・総合)
  • 旅程管理主任者(国内・総合)
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC
  • アマデウスシステム検定
  • 旅行地理検定
  • サービス介助士2級
  • 観光英語検定
  • 上級救命技能
  • MOS検定(パソコン)
  • 世界遺産検定

カリキュラムの特色

国家試験対策を中心に、ビジネスマナーから専門科目まで無理のないペースで確実に力を付けていきます。

また、旅行業界出身の講師による授業や実地見学などから、活きた知識と仕事への姿勢を学ぶことができます。

専門知識と語学力を身に付ける

旅行の総合的知識を学ぶ「旅行業務取扱管理者」と、添乗員としての知識、技術を学ぶ「旅程管理者」の資格取得をめざします。

旅行業務取扱管理者は、1年生で「国内」、2年生で「総合」を学びます。また、旅行のシーンにあわせた英会話をロールプレイングで学びます。

研修旅行・企業実習で実践力を身に付ける

スンダイのトラベル学科の特長は、何といっても「研修旅行」と「企業実習」です。

研修旅行は自分たちで企画したものを自分たちで添乗業務を行いながら体験します。費用も学費に組み込まれています。企業実習は実際の旅行業務を体験できます。

時間割例

1年次

1年次最大の目標は、国内旅行業務取扱管理者合格ですが、他にもビジネスマナーや旅行業界の基礎知識なども学びます。

 
1時間目
9:20~
旅行業法令 キャリアガイダンス 国内ツアープランニング アマデウス操作実務 パソコン実務
2時間目
11:05~
国内観光地理 国内旅行実務運賃・料金 旅行業約款 実用英語技能検定 ビジネスマナー
昼休み(12:35~13:25)
3時間目
13:25~
企業実習
4時間目
15:10~
  語学科目   検定関連科目

2年次

2年次では旅行・観光についての専門科目や教養科目で知識の幅を広げながら、総合旅行業務取扱管理者の資格をめざします。

 
1時間目
9:20~
カウンター実習 トラベル英会話 デスティネーション研究 中国語 キャリアガイダンス
2時間目
11:05~
海外観光地理 観光英語 海外旅行実務 実践旅行実務 国際航空運賃
昼休み(12:35~13:25)
3時間目
13:25~
企業実習
4時間目
15:10~
  語学科目   検定関連科目

注目の授業

資格対策授業

資格取得は就職活動の際の武器になるだけでなく、自己啓発にもなり、P.D.C.Aサイクル、すなわち計画(Plan)を立て、実行(Do)し、見直し(Check)、改善(Action)をするという仕事の仕方の勉強にもなります。

旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者

旅程管理者

旅程管理者

実地見学・研修旅行

自分たちで企画し催行する研修旅行。専門スキルを身に付けて、旅のスペシャリストをめざします。

1.プランニング

プランニング

様々なところから情報を集めて、自分達の研修プランを企画します。

2.プレゼンテーション

プレゼンテーション

自分たちのプランが採用されるかどうかは、プレゼンテーション力も影響します。

3.準備

国内研修旅行

研修旅行の催行に向けて、現地の情報収集や必要なアイテムを準備します。

4.催行

国内研修旅行

空港での搭乗手続きから、現地でのスケジュール管理、宿泊施設のチェックインまで、添乗員としての業務を交代で経験します。お客様として、添乗員として両方の視点で参加します。

研修旅行は決まった旅程をこなすのではなく、自分たちで旅程を企画し、プレゼンテーションを行い、内容を検証し、スムーズに催行することが目的です。

旅行のプランニングから添乗業務まで、旅行業務をトータルに体験しながら学ぶのがトラベル学科の研修旅行です。

トラベル企業実習プログラム

スンダイのトラベル企業実習(デュアル)コースは、企業実習を必修カリキュラムとしています。
様々な旅行業の現場で働く体験が、実践力を身に付けます。

企業実習プログラムの特長!

スンダイの企業実習には4つの「凄い」があります!

  1. 授業+実習で知識と経験が身に付く!
  2. 実習先は旅行業界の現場!
  3. 毎日授業があるからフォローアップも万全!
  4. 企業実習の報酬は学費・貯金に活用可!

これだけの条件を揃えたトラベル実習ができるのはスンダイだけ!

実習期間中の1週間のプログラム

学校での授業は2時限(4単位時限)半日のみ。午前または午後の半日は、企業で実習するプログラムです。

週末は原則休みですが、レポート作成や体を休めてリフレッシュタイムにあてます。

毎日通学するので仕事のフォローがしっかりできます。

選べる実習プログラム

実習先企業紹介

お仕事の内容や通学時間を考慮して、実習先を決めることができます。報酬は、経済的サポートにもなります。

実習先企業
  勤務地 業務内容 通勤時間
(学校⇒勤務地)
エイチ・アイ・エス 本社または各営業所 営業所補助 30分(本社の場合)
はとバス 本社または各営業所 オペレーター業務 20分(東京の場合)
小田急トラベル 本社または各営業所 旅行販売補助 20分(新宿の場合)
日本旅行 グループ各社 入力・発送業務 30分(四谷の場合)
エヌオーイー 本社 手配業務補助 30分
日新航空サービス 本社 手配業務補助 25分

企業実習レポート 2016

小田急トラベル

小田急電鉄を中心とする小田急グループの旅行部門を担当している会社であり、箱根・伊豆はもとより国内・国外問わず各地への交通や宿泊のご案内を行う。

出札業務

実習レポート1

実際に仕事に携わったことで、接客における言葉の大切さに気付きました。

店舗にお越しになるお客様には様々な方がいらっしゃいます。そのおひとりお一人のご希望に沿った商品提案をしなければなりません。

商品説明がうまく伝わらないこともありましたが、上司の方などのアドバイス受けながら実践をしています。

清水 輝さん
私立昭和鉄道高校(東京)出身

卒業生インタビュー

エイチ・アイ・エス旅行コンサルタント

仲間がいるから今がある

卒業生

仕事内容は主に旅行の手配や相談、パンフレットの整理などを行っています。

お客様から質問されることは様々なので、行ったことのない国でもきちんと説明が出来るように現地の情報をネットや本で勉強しています。

授業と実習という忙しい学校生活でしたが、クラス全員で励まし合っていました。今でも仲間達と支え合いながら頑張っています。

島袋 愛夏さん
2016年卒/東京都立世田谷総合高校出身

JTB ビジネストラベルソリューションズ国内個人旅行販売

企業様の規定や風土に沿った旅行を提案しています

卒業生

業務渡航を扱う会社で、私は契約企業の社員様が福利厚生を利用して旅行される際のサポートをしています。

決められた予算とお客様企業の福利厚生規定内でいかにご満足いただけるアイデアが出せるか、想像力と提案力が磨かれる点にやりがいを感じます。

「JTBのあなたではなく、あなたのいるJTBに」と言っていただけるよう成長していきたいです。

由井 拓也さん
2016年卒/東京都立園芸高校出身